アワード(2020)|ミュージカル座は新しい国産ミュージカルの創造と普及を目的に、1995年に創立した劇団です。今を生きる人とミュージカルの感動を分かち合うために歩みを続けています。オリジナル・ミュージカルなら!!

ホーム > ステージ > 

ミュージカル座 4月公演 『アワード』

ミュージカル座 4月公演 『アワード』 Twitter アワード(2020)
 

ミュージカル座2020年4月公演

 

 

脚本・作詞・演出・振付

ハマナカトオル

作曲・編曲・音楽監督

久田菜美

 

 

 

 
5年後のブロードウェイ。トニー賞の授賞式で、出揃った4つの新作ミュージカルのカンパニーが、トニー賞最優秀作品賞、主演男優賞、女優賞、作曲賞、脚本賞、演出賞などの賞(アワード)を競い合って奮闘努力する姿を、ブロードウェイ100年の実話をもとに、笑いと涙とたっぷりの音楽で描いた新作ミュージカル! 成功するのは、どのミュージカル!!??

精力的にミュージカルの創作を続けるミュージカル作家ハマナカトオルと、ハマナカと組んで「チェアーズ」「スター誕生」「ハートスートラ」と3つのミュージカルを作曲した注目の若手音楽家、久田菜美が創作する傑作ミュージカルです。おかしくて感動的な物語、魅惑の歌とダンス、ブロードウェイ的なタップダンスも見られる、華やかでとびきり楽しいミュージカルです!どうぞお楽しみに!!

 

チラシ表

拡大

チラシ裏

拡大

 

今から5年後のブロードウェイのお話。今日はミュージカルの祭典、トニー賞の授賞式です。作品賞にノミネートされた4つの新作ミュージカルは、どれも斬新な話題作。

●1つ目は、ペンギンの恋愛と命がけの子育てを描いた可愛くて斬新なミュージカル「キングペンギン」。若手作家が創作し、世界的ポップスターのマンディ・ブルースが初めてブロードウェイ・ミュージカルの作曲を手がけ、主演女優にはTVドラマ「チアガール」で全米の人気者になった新人女優ジョディ・ケリーを迎えて製作した作品。
●2つ目は、ヒット・ミュージカル「ハロー・ドーリー!」の続編ミュージカルを、引退した往年の大スター、メアリー・ハットンの復活主演で上演する話題作「グッバイ・ドーリー!」。クラシックな作品の続編ながら、作曲のチャーリー・ブースによるラップ調の音楽が新しく、新たなドーリー物語の開幕となりました。
●3つ目は、名作「風と共に去りぬ」誕生の裏話を、小説の作者マーガレット・ミッチェル、映画プロデューサーのデヴィッド・O・セルズニック、映画で主役のスカーレット・オハラを演じたヴィヴィアン・リーの3人のドラマとして描く新作ミュージカル「名作誕生」。マーガレット・ミッチェル役を、歌のうまいナンシー・ヘイワードが演じています。
●4つ目は、善人な人気俳優が周囲におだてられて政治家になってしまい、最後は大統領にまで就任して、国家の悪事や戦争に巻き込まれて行くスラップスティック・コメディ「ミスター・プレジデント」。演出は女性のオルガ・プリンス。主演の大統領役には、ベテラン俳優ジョン・フレミングを起用してオフ・ブロードウェイで幕を開け、オンに上がってきた作品です。

どの作品がミュージカル作品賞に輝くのか、誰もが注目しています。また、主演男女優賞、助演男女優賞、オリジナル楽曲賞、脚本賞、演出賞、振付賞などの各賞を誰が受賞するのか、話題は尽きません。製作には莫大な予算がかかるミュージカル。どのカンパニーも新作を成功させて、ロングランに繋げなければなりません。そのためにはトニー賞の受賞が不可欠です。カンパニーの命運がかかる授賞式。司会をつとめるのは、今年のトニー賞主演男優賞にもノミネートされている人気俳優エディ・ルーニーです。彼の軽妙な司会で、いよいよトニー賞が始まりました。もちろん、最初は名物の華やかなオープニング・ショーです。各受賞者による個性に溢れたスピーチも感動的。なかには、歴代の失敗作を供養するコーナーや、トニー賞の歴史を子供と若者たちが紹介するコーナーも。そして、授賞式が次々と進行するなかで、ドラマはノミネートされた4つの新作ミュージカルの、今日に至るまでの回想に移ります。そこには、驚きの人間ドラマが・・・・!!??

 

 














 

キャスト

 
組】
 
組】
 
エディ・ルーニー(授賞式司会 男優)
 
菊地まさはる
 
菊地まさはる
マンディ・ブルース(ポップス歌手 作曲家)他 伊東えり 伊東えり
ナンシー・ヘイワード(女優)他 辛島小恵 辛島小恵
ジョディ・ケリー(新人女優)他 森岡 悠 森岡 悠
マーヴィン・ダグラス(男優)他 下村 青 下村 青
ジョセフ・カウフマン(脚本家)他 森田浩平 森田浩平
メアリー・ハットン(引退した大女優)他 旺なつき 旺なつき
ジョン・フレミング(ベテラン俳優)他 光枝明彦 光枝明彦
 
サイ・ゴールドマン(製作)他
 
福沢良一
 
福沢良一
オスカー・アンドリュース(演出家)他 丹宗立峰 丹宗立峰
フランク・ローガン(脚本・作詞家)他 麻田キョウヤ 茶谷健太
ポール・ドナヒュー(男優)他 奈良坂潤紀 奈良坂潤紀
リック・シェーファー(演出家)他 水野駿太朗 水野駿太朗
ジョセフ・カウフマン(脚本家 青年時代)他 田川颯眞 田川颯眞
スタンリー・トッド(振付家・ダンサー)他 伊藤 慧 伊藤 慧
マット・ゴードン(男優)他 高橋辰也 高橋辰也
オルガ・プリンス(演出家)他 坂口祐未衣 寺町有美子
パトリシア・ロンドン(女優)他 追林留梨子 大越弥生
ポーラ・デミル(女優)他 関根結花 熊木あゆ
スーザン・レヴィン(製作)/ペギー他 柳田るき 山﨑和香
アレサ・ウィルソン(女優)他 川田真由美 川田真由美
 
アレクサンダー・マシューズ(製作)他
 
小坂広夢
 
小坂広夢
チャーリー・ブース(作曲家)他 伊藤龍介 本間隆展
マイケル・リード(振付家・ダンサー)他 高山和大 高山和大
ドロシー・メイスン(ジョディのマネージャー)他 武藤友祈子 村上恵子
パメラ・イーストン(女優)他 はじめことり 大野真美
ジリアン・ロジャース(振付家)他 富山真有 坂本絵莉香
 
バンビ(ブロードウェイの女優)他
 
川目晴香
 
松井優花
リタ(ブロードウェイの女優)他 河原芽生 遠藤有華
ナネット(ブロードウェイの女優)他 Sayaka ポター梢
キャロル(ブロードウェイの女優)他 堂 雪絵 山口ネオン
パール(ブロードウェイの女優)他 喜元 和 納谷 萌
ヴェラ(ブロードウェイの女優)他 高尾真由 荒井友梨香
ダイアン(ブロードウェイの女優)他 鈴木あゆみ 内田 葵
シーラ(ブロードウェイの女優)他 藤本桃子 田辺椰紗
メイ(ブロードウェイの女優)他 有澤みなみ 大沼沙夏海コーラル
レナ(ブロードウェイの女優)他 髙橋美波 姫野桃菜
リリアン(ブロードウェイの女優)他 長濱しいな 國澤菜々香
 
リリー(子役)他
 
阿萬はなね
 
岡平七虹
キム(子役)他 大川優羽 清水美来
ジュリア(子役)他 中村花澄 永山咲來
ヴァネッサ(子役)他 古田ひかり 福岡あみ
シンディ(子役)他 柴田星花 志優
エドナ(子役)他 田中ことり 貴田青羽
クレア(子役)他 野口愛華 酒井明愛

 

     スタッフ

脚本・作詞・演出・振付/ハマナカトオル          作曲・編曲・音楽監督/久田菜美
タップダンス振付/藤井真梨子
美術/松野 潤        照明/小川 修        音響/返町吉保
衣裳/久保田俊一(東宝舞台衣裳部)   藤澤知佳        ペンギン衣裳/摩耶
小道具/福田奈実        映像/ツノダイチロウ        舞台監督/小谷 武
振付・演出助手/梅沢明恵        歌唱指導・音楽監督助手/西 利里子
演出助手・振付助手/福田奈実   坂本絵莉香        歌唱指導助手/追林留梨子
宣伝美術/シマクラヨウ        制作/川田真由美        キャスティング/井坂 茜
プロデューサー/竹本敏彰・中本吉成
エグゼクティブ・プロデューサー/ハマナカトオル
企画・製作・主催/ミュージカル座

 


 

公演日程

2020年4月15日(水)~4月19日(日)

公演会場

かめありリリオホール
https://www.k-mil.gr.jp/
JR亀有駅南口下車徒歩1分  〒125-0061 東京都葛飾区亀有三丁目26番1号
TEL:03-5680-2222
※東京メトロ千代田線直通
(「北綾瀬行き」と「綾瀬行き」は綾瀬駅での乗り換えとなります。)

公演スケジュール      上演時間:約3時間(途中休憩15分含む)

2020年

4/15

4/16

4/17

4/18

4/19

曜日

水曜

木曜

金曜

土曜

日曜

ヒル

 

 

 

12:30

12:30

ヨル

18:15

18:15

18:15

17:30

 

※受付開始は、開演の1時間前です。※開場は開演の30分前です。※公演は 組& 組の一部ダブルキャストで上演いたします。出演者の組分けをご確認ください。※出演者ならびに出演スケジュールに変更がありました場合は、何卒悪しからずご了承ください。出演者変更の場合でも、他日への変更、払い戻しはいたしかねます。※残席ある場合は、劇場受付にて当日券を開演1時間前より販売いたします。ご観劇当日のご予約は承っておりません。当日券をご利用ください。※3歳以下のお子様はご入場できません。※車いすでご来場されるお客様は、ミュージカル座までご連絡をお願い致します。

 

チケット料金

(全席指定・税込)
SS席 9,500円
S席 8,000円
A席 5,500円
 

   

一般前売り開始

2020年2月18日(火)10時より

チケットお取り扱い

・ミュージカル座
     048-825-7460
     オンラインチケット

・チケットぴあ
     (Pコード:499-988)
     0570-02-9999
     https://t.pia.jp/

・e+(イープラス)
     http://eplus.jp/

 

・ローソンチケット(Lコード:34943)
     0570-000-407(オペレーター対応/受付時間10:00~18:00)
     https://l-tike.com/
     店頭販売:ローソン・ミニストップ店内Loppiで直接購入いただけます

 


公演のお問い合わせ

〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-8-15 松本ビル
TEL:048-825-7460     FAX:048-825-7461
E-mail:m-za.info@musical-za.co.jp

 


 

ミュージカル「アワード」初演プログラム(2018年11月)より

 

                                                            脚本・作詞・演出・振付/ハマナカトオル

 

   トニー賞の授賞式は、もう何十年も、毎年見続けています。ウィットに富んだスピーチ、華麗なショー、そして感激の授賞。なにより私が一番感動するのは、出席者たちが皆、演劇やミュージカルという仕事を誇りに思っていることで、アメリカと日本の演劇事情の差を羨ましく思いながら、毎年見つめて来ました。授賞式を録画したビデオやDVD(最近はブルーレイ・ディスク)も、私の棚には何十年分もたまりました。「コーラスライン」はオ―ディションを全体の枠組みにして、誰がオーディションに合格するかということをゴールに置いたミュージカルですが、この「アワード」は「授賞式」を全体の枠組みにして、誰がどの賞を獲るかということをゴールに置き、そこから見えてくる人間模様を描いたミュージカルです。授賞式(アワード)から、ブロードウェイの舞台人の生きざまを描きたいと思いました。

   2018年1月、ミュージカル「スター誕生」の稽古場で、作曲の久田菜美さんにこの新作ミュージカルのアイデアを、殴り書きの紙切れ1枚で渡しました。「スター誕生」のブロードウェイ版を創りませんか?と言うと、久田さんは「それは分かりやすいですね」と理解したようでした。「スター誕生」は70年代の日本の歌謡曲をモチーフにした音楽づくりでしたが、今度はブロードウェイ・ミュージカルをモチーフにした音楽です。王道ですから、ミュージカル作曲家として腕が鳴るところでしょう。華やかなダンスシーンも、たくさん用意しました。華やかなタップダンスも入れたいと思いましたので、馴染みの藤井真梨子さんにタップの振付を頼みました。

   「スター誕生」と同様、登場人物と劇中登場する作品や曲はすべてフィクションです。5年後のトニー賞という設定にしましたので、現実にはない、デタラメの新作ミュージカルを4つ、考え出しました。
【1作品目】ミュージカル「キングペンギン」
キングペンギンの恋愛・結婚と命がけの子育てを描いたミュージカル。地球の環境破壊によって絶滅が危惧される愛らしいキングペンギンの生態が描かれる。
【2作品目】ミュージカル「グッバイ・ドーリー!」
ヒット・ミュージカル「ハロー・ドーリー!」の続編ミュージカル。40年前に3日間だけドーリー役を演じ引退したミュージカル・スター、メアリー・ハットンのブロードウェイ復帰作。
【3作品目】ミュージカル「名作誕生」
名作「風と共に去りぬ」を、小説の作者マーガレット・ミッチェル、映画製作者のデヴィッド・O・セルズニック、映画の主演女優ヴィヴィアン・リーの3者の視点から描いたミュージカル。
【4作品目】ミュージカル「ミスター・プレジデント」
自分の意見を持たない善人の俳優が、周りにおだてられて政治家に当選し、ついには大統領に就任。周りに操られ、国家を破滅に導いてしまうスラップスティック・コメディ。

   実は4作品とも、この作品の執筆のために考え出した作品ではありません。時期はそれぞれ別ですが、普通に新作ミュージカルのアイデアとして、以前から私の頭の中に存在していたミュージカルです。私は常に新作ミュージカルのアイデアを考えながら生きていますので、アイデアだけで書いていないミュージカルが、頭の引き出しの中にたくさん置いてあります。その中から4つ、それぞれ特徴が異なる作品を選んで「アワード」のノミネート作品としました。4分の1ずつなので作品のエッセンスしか描けませんでしたが、稽古してみると、やはり4作品とも面白く、1本のミュージカルにしてみたいな・・・という思いは浮かんできます。将来スピンオフ作品を作るかどうかは別にして、私にしてみれば、こんな作品が未来に登場しても不思議はないという思いで構成しました。

   「キングペンギン」は、初めて「キャッツ」を観た1980年代から、仲間たちと度々話し合ったなかで、すでにアイデアとしては出ていました。私は、もし動物を主人公にしたミュージカルをつくるなら「鳥」だと思っていたのです。しかも動物園の鳥かごの中で生きている鳥たち。世界のあらゆる国から連れて来られた色鮮やかな鳥たちのミュージカルがいいと思っていました。タイトルは「スカイ」。全編フライングを多用する演出が必要で、実現出来ていません。しかし、ペンギンなら飛べないので、それよりは実現可能かも?愛らしいビジュアルとコミカルな動き、一途でけなげな生態が人気になるかもしれないと思いましたが、どうでしょうか。

   「グッバイ・ドーリー!」で描いた、かつてのミュージカル・スターの復帰物語は、メアリー・ハットンという名前でお気づきの方もいらっしゃるでしょうが、ミュージカル映画「アニーよ銃をとれ」などの主役を演じた1950年代のミュージカル・スター、ベティ・ハットンをモデルにしています。彼女は、わずか10数年のキャリアで女優を引退し、消息不明となり、後年、地方の教会で家政婦として働き、困窮した生活を送っていることが分かり、世間を驚かせました。私はこの実話を、かつて自作の「ガールズ・オン・ブロードウェイ」で描きましたが、今回、別のストーリーを付け足して書き直しました。別のストーリーとは、駆け出しの脚本家が、スター女優に「あなたを主演にした脚本を書きます」と誓った約束を数十年かけて果たした時、スター女優はもはや、かつてのスターではなかったという物語です。このアイデアも、古くから私の頭の引き出しにあった題材で、今回ようやく使うことが出来ました。

   「名作誕生」は、「風と共に去りぬ」の裏話を題材にしたミュージカルです。映画「風と共に去りぬ」は、中学時代に見て、私をドラマの虜にした作品です。すでに小説と映画は著作権が切れ、作者マーガレット・ミッチェルも来年2019年には死後70年目となりますので、気になっていた題材です。東宝や宝塚で古くからミュージカルとして上演していますが、別の手があるかなと考えていました。そこで今回は、作家と映画製作者、主演女優の3人の視点から「風と共に去りぬ」を描く別角度のミュージカルにしてみたら、より映画好きの方にも楽しんでもらえる作品になるかも、という思いで書いてみました。前作「タイムトラベラー」に入れたタイタニックの物語のように、観客の皆様がよく知っている題材をひとつ入れてみようと思ったのです。私も大好きですし、とにかく、今回の紙数では、とても描き切れない面白エピソードに満ちている題材なので、うまく構成すれば、充分一本の作品になるのではないでしょうか。

   「ミスター・プレジデント」は、ひとつオフっぽい作品があってもいいなと思い、入れた作品です。「ヘア-」「ゴッドスペル」「コーラスライン」「レント」など、オフからオンに上がって来た作品は、前衛的な実験作、野心作の香りが漂い、大好きなのです。見れば低予算のステージだと分かるのに、大きなミュージカルより面白いし想像力を刺激してくれるなんて、クリエイターにしてみれば、こんなに羨ましい作品はありません。この作品は、今なにかと話題のトランプ大統領と、チャップリンの名作「独裁者」から発想しました。もし最悪の大統領が誕生したら、という演出家のアイデアを、ニューヨークの若き舞台人たちがみんなでミュージカルにして行きます。オフで最初に幕を開けた時は酷評され、続演が危ぶまれるストーリーも描きたいと思っていました。

   やっと出来上がった台本は、ブロードウェイ・ミュージカルへの私の愛がいっぱい詰まった作品になりました。ちょっと詰め込みすぎかも。長くなったらごめんなさい。ミュージカルに関して、あれも言いたい、これも言いたい。100%ミュージカル愛みたいな作品になりました。祝祭劇です。賛歌です。ミュージカル「アワード」どうか楽しんでいただけますように。そして終演後、トニー賞を見終わった時のように「ああ、ミュージカルって、いいもんだな」と思っていただけたら、それ以上の幸せはありません。

 


 

作家プロフィール紹介

ハマナカトオル(脚本・作詞・演出・振付)

1958年東京生まれ。ミュージカル作家・演出家・プロデューサー。俳優宝田明氏が主催する宝田芸術学園でミュージカルを学び、舞台俳優の活動を経て脚本・演出家として独立。数々の作品を発表した。1993年から専門学校舞台芸術学院ミュージカル部別科の主任講師として、19回の卒業公演を作・演出。多くの生徒を育てた。1995年、国産の新作ミュージカルの創造と普及を目的に「ミュージカル座」を創立。劇団代表・座付作家・演出家・プロデューサーとして、「ひめゆり」「アイ・ハヴ・ア・ドリーム」「ゴースト」「ロザリー」「ルルドの奇跡」「サイト」「アインシュタイン・フォーリーズ」「センス・オブ・ワンダー」「ブロードウェイ殺人事件」「ニューヨーカーズ」「スウィングボーイズ」「舞台に立ちたい」「コンチェルト」「雪の女王」「不思議なラヴ・ストーリー」「赤ひげ」「わだつみのこえ」「何処へ行く」「マザー・テレサ 愛のうた」「チェアーズ」「スター誕生」「おでかけ姫」「月に歌えば」「ハートスートラ」「結婚行進曲」「タイムトラベラー」「二人でミュージカル」「アワード」等のオリジナル・ミュージカルや、「ママの恋人」「野の花」等のストレートプレイを発表。最近では、新しいミュージカル作家・作曲家・演出家の創作による新作ミュージカルを意欲的にプロデュース。日本のミュージカルの普及と発展のために力を尽くしている。公益社団法人日本演劇協会会員。

 

久田菜美(作曲・編曲・音楽監督)

東京都出身。東京音楽大学作曲・指揮専攻(芸術音楽コース)卒業。大学でクラシックから現代音楽までの作曲法を学び、卒業後は主にピアニストとしてクラシック、ポップス、ジャズ、合唱と幅広く活躍中。舞台においては、ミュージカル「スペリング・ビー」や「モンスターズアンセム」にてキーボードで参加し、その他多数のミュージカル俳優やミュージカル女優のライヴにて伴奏を行っている。ミュージカル座では、「野の花」「不思議なラヴ・ストーリー」「アイランド~かつてこの島で」「BEFORE AFTER」「スペリング・ビー」の音楽監督と演奏を担当。2015年6月には、ハマナカトオルと組んだミュージカル「チェアーズ」で作曲・編曲・音楽監督・演奏をつとめ、ミュージカル作曲家としてデビュー。同年9月には、ハマナカとのコンビ第2作目となるミュージカル「スター誕生」を、2017年4月には3作目となるミュージカル「ハートスートラ」を発表。「アワード」は、4作目のミュージカルとなる。

 

 

 

 

 

   「アワード」公式Twitter

 

 

 
はじめに
アワード
アワード=授賞式

この新作ミュージカルは、成功か!? 失敗か!?

5年後のブロードウェイ。トニー賞の授賞式で、出揃った4つの新作ミュージカルのカンパニーが、トニー賞最優秀作品賞、主演男優賞、女優賞、作曲賞、脚本賞、演出賞などの賞(アワード)を競い合って奮闘努力する姿を、ブロードウェイ100年の実話をもとに、笑いと涙とたっぷりの音楽で描いた新作ミュージカル! 成功するのは、どのミュージカル!!??

精力的にミュージカルの創作を続けるミュージカル作家ハマナカトオルと、ハマナカと組んで「チェアーズ」「スター誕生」「ハートスートラ」と3つのミュージカルを作曲した注目の若手音楽家、久田菜美が創作する傑作ミュージカルです。おかしくて感動的な物語、魅惑の歌とダンス、ブロードウェイ的なタップダンスも見られる、華やかでとびきり楽しいミュージカルです!どうぞお楽しみに!!

ストーリー

今から5年後のブロードウェイのお話。今日はミュージカルの祭典、トニー賞の授賞式です。作品賞にノミネートされた4つの新作ミュージカルは、どれも斬新な話題作。

●1つ目は、ペンギンの恋愛と命がけの子育てを描いた可愛くて斬新なミュージカル「キングペンギン」。若手作家が創作し、世界的ポップスターのマンディ・ブルースが初めてブロードウェイ・ミュージカルの作曲を手がけ、主演女優にはTVドラマ「チアガール」で全米の人気者になった新人女優ジョディ・ケリーを迎えて製作した作品。
●2つ目は、ヒット・ミュージカル「ハロー・ドーリー!」の続編ミュージカルを、引退した往年の大スター、メアリー・ハットンの復活主演で上演する話題作「グッバイ・ドーリー!」。クラシックな作品の続編ながら、作曲のチャーリー・ブースによるラップ調の音楽が新しく、新たなドーリー物語の開幕となりました。
●3つ目は、名作「風と共に去りぬ」誕生の裏話を、小説の作者マーガレット・ミッチェル、映画プロデューサーのデヴィッド・O・セルズニック、映画で主役のスカーレット・オハラを演じたヴィヴィアン・リーの3人のドラマとして描く新作ミュージカル「名作誕生」。マーガレット・ミッチェル役を、歌のうまいナンシー・ヘイワードが演じています。
●4つ目は、善人な人気俳優が周囲におだてられて政治家になってしまい、最後は大統領にまで就任して、国家の悪事や戦争に巻き込まれて行くスラップスティック・コメディ「ミスター・プレジデント」。演出は女性のオルガ・プリンス。主演の大統領役には、ベテラン俳優ジョン・フレミングを起用してオフ・ブロードウェイで幕を開け、オンに上がってきた作品です。

どの作品がミュージカル作品賞に輝くのか、誰もが注目しています。また、主演男女優賞、助演男女優賞、オリジナル楽曲賞、脚本賞、演出賞、振付賞などの各賞を誰が受賞するのか、話題は尽きません。製作には莫大な予算がかかるミュージカル。どのカンパニーも新作を成功させて、ロングランに繋げなければなりません。そのためにはトニー賞の受賞が不可欠です。カンパニーの命運がかかる授賞式。司会をつとめるのは、今年のトニー賞主演男優賞にもノミネートされている人気俳優エディ・ルーニーです。彼の軽妙な司会で、いよいよトニー賞が始まりました。もちろん、最初は名物の華やかなオープニング・ショーです。各受賞者による個性に溢れたスピーチも感動的。なかには、歴代の失敗作を供養するコーナーや、トニー賞の歴史を子供と若者たちが紹介するコーナーも。そして、授賞式が次々と進行するなかで、ドラマはノミネートされた4つの新作ミュージカルの、今日に至るまでの回想に移ります。そこには、驚きの人間ドラマが・・・・!!??

スタッフ プロフィール紹介
ハマナカトオル(脚本・作詞・演出・振付)

1958年東京生まれ。ミュージカル作家・演出家・プロデューサー。俳優宝田明氏が主催する宝田芸術学園でミュージカルを学び、舞台俳優の活動を経て脚本・演出家として独立。数々の作品を発表した。1993年から専門学校舞台芸術学院ミュージカル部別科の主任講師として、19回の卒業公演を作・演出。多くの生徒を育てた。1995年、国産の新作ミュージカルの創造と普及を目的に「ミュージカル座」を創立。劇団代表・座付作家・演出家・プロデューサーとして、「ひめゆり」「アイ・ハヴ・ア・ドリーム」「ゴースト」「ロザリー」「ルルドの奇跡」「サイト」「アインシュタイン・フォーリーズ」「センス・オブ・ワンダー」「ブロードウェイ殺人事件」「ニューヨーカーズ」「スウィングボーイズ」「舞台に立ちたい」「コンチェルト」「雪の女王」「不思議なラヴ・ストーリー」「赤ひげ」「わだつみのこえ」「何処へ行く」「マザー・テレサ 愛のうた」「チェアーズ」「スター誕生」「おでかけ姫」「月に歌えば」「ハートスートラ」「結婚行進曲」「タイムトラベラー」「二人でミュージカル」「アワード」等のオリジナル・ミュージカルや、「ママの恋人」「野の花」等のストレートプレイを発表。最近では、新しいミュージカル作家・作曲家・演出家の創作による新作ミュージカルを意欲的にプロデュース。日本のミュージカルの普及と発展のために力を尽くしている。公益社団法人日本演劇協会会員。

久田菜美(作曲・編曲・音楽監督)

東京都出身。東京音楽大学作曲・指揮専攻(芸術音楽コース)卒業。大学でクラシックから現代音楽までの作曲法を学び、卒業後は主にピアニストとしてクラシック、ポップス、ジャズ、合唱と幅広く活躍中。舞台においては、ミュージカル「スペリング・ビー」や「モンスターズアンセム」にてキーボードで参加し、その他多数のミュージカル俳優やミュージカル女優のライヴにて伴奏を行っている。ミュージカル座では、「野の花」「不思議なラヴ・ストーリー」「アイランド~かつてこの島で」「BEFORE AFTER」「スペリング・ビー」の音楽監督と演奏を担当。2015年6月には、ハマナカトオルと組んだミュージカル「チェアーズ」で作曲・編曲・音楽監督・演奏をつとめ、ミュージカル作曲家としてデビュー。同年9月には、ハマナカとのコンビ第2作目となるミュージカル「スター誕生」を、2017年4月には3作目となるミュージカル「ハートスートラ」を発表。「アワード」は、4作目のミュージカルとなる。

キャスト
  • エディ・ルーニー

    菊地まさはる
  • マンディ・ブルース

    伊東えり
  • ナンシー・ヘイワード

    辛島小恵
  • ジョディ・ケリー

    森岡 悠
  • マーヴィン・ダグラス

    下村 青
  • ジョセフ・カウフマン

    森田浩平
  • メアリー・ハットン

    旺なつき
  • ジョン・フレミング

    光枝明彦
  • 福沢良一
  • 丹宗立峰
  • 麻田キョウヤ
  • 茶谷健太
  • 奈良坂潤紀
  • 水野駿太朗
  • 田川颯眞
  • 伊藤 慧
  • 高橋辰也
  • 坂口祐未衣
  • 寺町有美子
  • 追林留梨子
  • 大越弥生
  • 関根結花
  • 熊木あゆ
  • 柳田るき
  • 山﨑和香
  • 川田真由美
キャスト・役柄
菊地まさはる
エディ・ルーニー(授賞式司会 男優)
伊東えり
マンディ・ブルース(ポップス歌手 作曲家)他
辛島小恵
ナンシー・ヘイワード(女優)他
森岡 悠
ジョディ・ケリー(新人女優)他
下村 青
マーヴィン・ダグラス(男優)他
森田浩平
ジョセフ・カウフマン(脚本家)他
旺なつき
メアリー・ハットン(引退した大女優)他
光枝明彦
ジョン・フレミング(ベテラン俳優)他
福沢良一
サイ・ゴールドマン(製作)他
丹宗立峰
オスカー・アンドリュース(演出家)他
麻田キョウヤ ・茶谷健太
フランク・ローガン(脚本・作詞家)他
奈良坂潤紀
ポール・ドナヒュー(男優)他
水野駿太朗
リック・シェーファー(演出家)他
田川颯眞
ジョセフ・カウフマン(脚本家 青年時代)他
伊藤 慧
スタンリー・トッド(振付家・ダンサー)他
高橋辰也
マット・ゴードン(男優)他
坂口祐未衣 ・寺町有美子
オルガ・プリンス(演出家)他
追林留梨子 ・大越弥生
パトリシア・ロンドン(女優)他
関根結花 ・熊木あゆ
ポーラ・デミル(女優)他
柳田るき ・山﨑和香
スーザン・レヴィン(製作)/ペギー他
川田真由美
アレサ・ウィルソン(女優)他
小坂広夢
アレクサンダー・マシューズ(製作)他
伊藤龍介 ・本間隆展
チャーリー・ブース(作曲家)他
高山和大
マイケル・リード(振付家・ダンサー)他
武藤友祈子 ・村上恵子
ドロシー・メイスン(ジョディのマネージャー)他
はじめことり ・大野真美
パメラ・イーストン(女優)他
富山真有 ・坂本絵莉香
ジリアン・ロジャース(振付家)他
川目晴香 ・松井優花
バンビ(ブロードウェイの女優)他
河原芽生 ・遠藤有華
リタ(ブロードウェイの女優)他
Sayaka ・ポター梢
ナネット(ブロードウェイの女優)他
堂 雪絵 ・山口ネオン
キャロル(ブロードウェイの女優)他
喜元 和 ・納谷 萌
パール(ブロードウェイの女優)他
高尾真由 ・荒井友梨香
ヴェラ(ブロードウェイの女優)他
鈴木あゆみ ・内田 葵
ダイアン(ブロードウェイの女優)他
藤本桃子 ・田辺椰紗
シーラ(ブロードウェイの女優)他
有澤みなみ ・大沼沙夏海コーラル
メイ(ブロードウェイの女優)他
髙橋美波 ・姫野桃菜
レナ(ブロードウェイの女優)他
長濱しいな ・國澤菜々香
リリアン(ブロードウェイの女優)他
阿萬はなね ・岡平七虹
リリー(子役)他
大川優羽 ・清水美来
キム(子役)他
中村花澄 ・永山咲來
ジュリア(子役)他
古田ひかり ・福岡あみ
ヴァネッサ(子役)他
柴田星花 ・志優
シンディ(子役)他
田中ことり ・貴田青羽
エドナ(子役)他
野口愛華 ・酒井明愛
クレア(子役)他
公演情報
公演期間

2020年04月15日(水) ~ 04月19日(日)

公演会場
かめありリリオホール
〠 125-0061
東京都葛飾区亀有三丁目26番1号

☞ JR亀有駅南口下車徒歩1分/東京メトロ千代田線直通(「北綾瀬行き」と「綾瀬行き」は綾瀬駅での乗り換えとなります。)

☎ 03-5680-2222

公演会場 Webサイト

公演スケジュール
上演時間=約3時間(途中休憩15分含む)
  ヒル ヨル
4/15(水)   18:15
4/16(木)   18:15
4/17(金)   18:15
4/18(土) 12:30 17:30
4/19(日) 12:30  
  • 受付開始は、開演の1時間前です。※開場は、開演30分前です。※本公演は、組・組の一部ダブルキャストで上演いたします。出演者の組分けをご確認ください。※出演者ならびに出演スケジュールに変更がありました場合は、何卒悪しからずご了承ください。出演者変更の場合でも、他日への変更、払い戻しはいたしかねます。※残席ある場合は、劇場受付にて当日券を開演1時間前より販売いたします。ご観劇当日のご予約は承っておりません。当日券をご利用ください。※3歳以下のお子様はご入場できません。※車いすでご来場されるお客様は、ミュージカル座までご連絡をお願い致します。

チケット料金 (全席指定/税込)
  • SS席 9,500円
  • S席 8,000円
  • A席 5,500円
チケット取扱い
ミュージカル座
☎048-825-7460
チケットぴあ(Pコード:499-988)
☎0570-02-9999
チケットぴあ
チケットぴあ
※ローソンチケット(Lコード:34943)
☎0570-000-407
ローソンチケット
ローソンチケット
e+(イープラス)
e+(イープラス)
  • ローソンチケット
    オペレーター対応/受付時間10:00~18:00
    店頭販売/ローソン・ミニストップ店内Loppiで直接購入いただけます。
スタッフ
ハマナカトオル
【脚本・作詞・演出・振付】
久田菜美
【作曲・編曲・音楽監督】
藤井真梨子
【タップダンス振付】
松野 潤
【美術】
小川 修
【照明】
返町吉保
【音響】
久保田俊一(東宝舞台衣裳部) 藤澤知佳
【衣裳】
摩耶
【ペンギン衣裳】
福田奈実
【小道具】
ツノダイチロウ
【映像】
小谷 武
【舞台監督】
梅沢明恵
【振付・演出助手】
西 利里子
【歌唱指導・音楽監督助手】
福田奈実 坂本絵莉香
【演出助手・振付助手】
追林留梨子
【歌唱指導助手】
シマクラヨウ
【宣伝美術】
川田真由美
【制作】
井坂 茜
【キャスティング】
竹本敏彰 中本吉成
【プロデューサー】
ハマナカトオル
【エグゼクティブ・プロデューサー】
ミュージカル座
【企画・製作・主催】
コメント

「授賞式(アワード)」から描く舞台人の生きざま

ハマナカトオル 【脚本・作詞・演出・振付】

ミュージカル「アワード」初演プログラム(2018年11月)より


トニー賞の授賞式は、もう何十年も、毎年見続けています。ウィットに富んだスピーチ、華麗なショー、そして感激の授賞。なにより私が一番感動するのは、出席者たちが皆、演劇やミュージカルという仕事を誇りに思っていることで、アメリカと日本の演劇事情の差を羨ましく思いながら、毎年見つめて来ました。授賞式を録画したビデオやDVD(最近はブルーレイ・ディスク)も、私の棚には何十年分もたまりました。「コーラスライン」はオ―ディションを全体の枠組みにして、誰がオーディションに合格するかということをゴールに置いたミュージカルですが、この「アワード」は「授賞式」を全体の枠組みにして、誰がどの賞を獲るかということをゴールに置き、そこから見えてくる人間模様を描いたミュージカルです。授賞式(アワード)から、ブロードウェイの舞台人の生きざまを描きたいと思いました。

2018年1月、ミュージカル「スター誕生」の稽古場で、作曲の久田菜美さんにこの新作ミュージカルのアイデアを、殴り書きの紙切れ1枚で渡しました。「スター誕生」のブロードウェイ版を創りませんか?と言うと、久田さんは「それは分かりやすいですね」と理解したようでした。「スター誕生」は70年代の日本の歌謡曲をモチーフにした音楽づくりでしたが、今度はブロードウェイ・ミュージカルをモチーフにした音楽です。王道ですから、ミュージカル作曲家として腕が鳴るところでしょう。華やかなダンスシーンも、たくさん用意しました。華やかなタップダンスも入れたいと思いましたので、馴染みの藤井真梨子さんにタップの振付を頼みました。

「スター誕生」と同様、登場人物と劇中登場する作品や曲はすべてフィクションです。5年後のトニー賞という設定にしましたので、現実にはない、デタラメの新作ミュージカルを4つ、考え出しました。
【1作品目】ミュージカル「キングペンギン」
キングペンギンの恋愛・結婚と命がけの子育てを描いたミュージカル。地球の環境破壊によって絶滅が危惧される愛らしいキングペンギンの生態が描かれる。
【2作品目】ミュージカル「グッバイ・ドーリー!」
ヒット・ミュージカル「ハロー・ドーリー!」の続編ミュージカル。40年前に3日間だけドーリー役を演じ引退したミュージカル・スター、メアリー・ハットンのブロードウェイ復帰作。
【3作品目】ミュージカル「名作誕生」
名作「風と共に去りぬ」を、小説の作者マーガレット・ミッチェル、映画製作者のデヴィッド・O・セルズニック、映画の主演女優ヴィヴィアン・リーの3者の視点から描いたミュージカル。
【4作品目】ミュージカル「ミスター・プレジデント」
自分の意見を持たない善人の俳優が、周りにおだてられて政治家に当選し、ついには大統領に就任。周りに操られ、国家を破滅に導いてしまうスラップスティック・コメディ。

実は4作品とも、この作品の執筆のために考え出した作品ではありません。時期はそれぞれ別ですが、普通に新作ミュージカルのアイデアとして、以前から私の頭の中に存在していたミュージカルです。私は常に新作ミュージカルのアイデアを考えながら生きていますので、アイデアだけで書いていないミュージカルが、頭の引き出しの中にたくさん置いてあります。その中から4つ、それぞれ特徴が異なる作品を選んで「アワード」のノミネート作品としました。4分の1ずつなので作品のエッセンスしか描けませんでしたが、稽古してみると、やはり4作品とも面白く、1本のミュージカルにしてみたいな・・・という思いは浮かんできます。将来スピンオフ作品を作るかどうかは別にして、私にしてみれば、こんな作品が未来に登場しても不思議はないという思いで構成しました。

「キングペンギン」は、初めて「キャッツ」を観た1980年代から、仲間たちと度々話し合ったなかで、すでにアイデアとしては出ていました。私は、もし動物を主人公にしたミュージカルをつくるなら「鳥」だと思っていたのです。しかも動物園の鳥かごの中で生きている鳥たち。世界のあらゆる国から連れて来られた色鮮やかな鳥たちのミュージカルがいいと思っていました。タイトルは「スカイ」。全編フライングを多用する演出が必要で、実現出来ていません。しかし、ペンギンなら飛べないので、それよりは実現可能かも?愛らしいビジュアルとコミカルな動き、一途でけなげな生態が人気になるかもしれないと思いましたが、どうでしょうか。

「グッバイ・ドーリー!」で描いた、かつてのミュージカル・スターの復帰物語は、メアリー・ハットンという名前でお気づきの方もいらっしゃるでしょうが、ミュージカル映画「アニーよ銃をとれ」などの主役を演じた1950年代のミュージカル・スター、ベティ・ハットンをモデルにしています。彼女は、わずか10数年のキャリアで女優を引退し、消息不明となり、後年、地方の教会で家政婦として働き、困窮した生活を送っていることが分かり、世間を驚かせました。私はこの実話を、かつて自作の「ガールズ・オン・ブロードウェイ」で描きましたが、今回、別のストーリーを付け足して書き直しました。別のストーリーとは、駆け出しの脚本家が、スター女優に「あなたを主演にした脚本を書きます」と誓った約束を数十年かけて果たした時、スター女優はもはや、かつてのスターではなかったという物語です。このアイデアも、古くから私の頭の引き出しにあった題材で、今回ようやく使うことが出来ました。

「名作誕生」は、「風と共に去りぬ」の裏話を題材にしたミュージカルです。映画「風と共に去りぬ」は、中学時代に見て、私をドラマの虜にした作品です。すでに小説と映画は著作権が切れ、作者マーガレット・ミッチェルも来年2019年には死後70年目となりますので、気になっていた題材です。東宝や宝塚で古くからミュージカルとして上演していますが、別の手があるかなと考えていました。そこで今回は、作家と映画製作者、主演女優の3人の視点から「風と共に去りぬ」を描く別角度のミュージカルにしてみたら、より映画好きの方にも楽しんでもらえる作品になるかも、という思いで書いてみました。前作「タイムトラベラー」に入れたタイタニックの物語のように、観客の皆様がよく知っている題材をひとつ入れてみようと思ったのです。私も大好きですし、とにかく、今回の紙数では、とても描き切れない面白エピソードに満ちている題材なので、うまく構成すれば、充分一本の作品になるのではないでしょうか。

「ミスター・プレジデント」は、ひとつオフっぽい作品があってもいいなと思い、入れた作品です。「ヘア-」「ゴッドスペル」「コーラスライン」「レント」など、オフからオンに上がって来た作品は、前衛的な実験作、野心作の香りが漂い、大好きなのです。見れば低予算のステージだと分かるのに、大きなミュージカルより面白いし想像力を刺激してくれるなんて、クリエイターにしてみれば、こんなに羨ましい作品はありません。この作品は、今なにかと話題のトランプ大統領と、チャップリンの名作「独裁者」から発想しました。もし最悪の大統領が誕生したら、という演出家のアイデアを、ニューヨークの若き舞台人たちがみんなでミュージカルにして行きます。オフで最初に幕を開けた時は酷評され、続演が危ぶまれるストーリーも描きたいと思っていました。

やっと出来上がった台本は、ブロードウェイ・ミュージカルへの私の愛がいっぱい詰まった作品になりました。ちょっと詰め込みすぎかも。長くなったらごめんなさい。ミュージカルに関して、あれも言いたい、これも言いたい。100%ミュージカル愛みたいな作品になりました。祝祭劇です。賛歌です。ミュージカル「アワード」どうか楽しんでいただけますように。そして終演後、トニー賞を見終わった時のように「ああ、ミュージカルって、いいもんだな」と思っていただけたら、それ以上の幸せはありません。

公演のお問い合わせ

ミュージカル座

〠 330-0061
埼玉県さいたま市浦和区常盤9-8-15 松本ビル

TEL:048-825-7460
FAX:048-825-7461

E-mail:m-za.info@musical-za.co.jp

PAGE TOP